婚活でうまくいかない方は寛容さが足りないからかも

成婚活動ではお相手も近い年代の方のほうがうまくいくのは当然だと思いますが「年齢層の応じて寛容さが必要」な場合もあります。

 けして妥協ではありません!必要なのは寛容でありまして妥協はする必要ありません!

 受け入れがたい相手の欠点や合わない相手に折れて合わせるのが妥協だとしたら、寛容さとは相手の事情など広い心で受け止められる度量のことです。

 婚活での寛容さが無いとは以下のようなことです。
<30代後半なのに相手が初婚かどうかにこだわる><40代なのに相手の親の介護は出来ないなどの条件を出す>などのある程度の年齢の方であれば経験があったり直面しても仕方が無いようなことを最初から受け入れないようなことです。
 また小さいことでは<35以上の女性が相手の男性の薄毛を必要以上に拒絶>や<40代以上の男性が相手の女性に初心な事やすれてない事を求める>など誰でも歳を取れば仕方が無いことを受け入れないなどもあります。

 新しくてまだ何も問題の無い人を選びたいのは多少誰でもあります。ものでも車でも選べるなら新しいほうを選びたくなりますし、ペットを買うにしても子犬や子猫から売れて生きますが婚活は買い物ではなく対等な人と人とのつながりを目的とした活動です。

 人間誰しも長く生きていれば色んな事情やしがらみ、付随条件が付くのは仕方がないことでこれはお互い様です

 お互い様だと謙虚な気持ちがあればお相手にも寛容になれるだけでなく自分の気持ちにもゆとりが持てます。結果良い縁を逃しにくいですし相手のうわべだけ見て合わない相手に時間を割かれる事も少なくなるでしょう。ec22b10a1ed66fbee9814447a41bc4ad_s.jpg

 
 また選ばれる側としてみるなら身の回りの変えられない事情は仕方がないにしろ歳による体力や容姿の衰えなど自分自身の努力しだいで変えられることは変えていきましょう。

 見た目が若い事、体力があることなど本当の若い人と比べてはいけませんが同年代の同姓の中では一歩も二歩も有利になります。

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)

相談所内でおすすめの女性は?

 男性の会員様がお見合いの相手として狙っていくべき女性としておすすめなのは「おとなしくて控えめな女性です」

 おとなしくてひかえめな女性と言えばテレビや漫画では人気がありますが現実世界では、特に相談所の会員様の中では男性と交際もしたこともないという方が意外といます。

 話が脱線しますが女性といえども「おとなしいことや控えめなこと」が婚活でプラスに働くことは基本的にない!と思っていただいて結構です。受け身でいることは高望みより成婚から遠ざかる事だ、ぐらい思っていてもいいです。
 自分に嘘をついて無理なキャラクターを演じることはよくないですが行動自体は積極的にしていかないと消極的な男性が多い現代ではなかなか良い縁に恵まれないままになってしまう可能性が高いでしょう。
59d0827a94d706c03a1ef4649c414828_s.jpg

 話を戻しますと相談所内には(社会全般もそうですが)人間的にも社会的にもそれなりに地位を築いているのに異性関係の事だけまったく経験してこなかったため不慣れな方が多いです。
 
 普通の男性の会員様に相談所内でお相手としておすすめするのがそのような「おとなしくてひかえめな女性」です。

 男女問わず見た目で相手を所見で引きつけたりわかり易い魅力を持ってる方に人気が集中してしまいます。特に女性は見た目で判断される割合が高くもしそれでいて性格やその他もよければ相当な競争率になります。しかし反対に悪く見える方や条件的によくない合わない方は誰でもお相手としてはあたりまえに嫌でしょう。

 その中で一番効率の良い進め方は一見で魅力的ではなかったけど会って話したり一緒に出掛けたりしてその中で隣にいて疲れない女性を探すこと。これを推奨します。

 おすすめの考え方としてあるのが
<相談所内ではみんなの目を引くような女性は基本的に居ないか居たとしてもそれを利用して好条件の男性を見つけに来ている(実際に多いです!)つまり自分には関係ない!>
極端にいうとこれくらいの割り切りができる人の方が実際良い縁に恵まれて成婚されています。
 
<お相手の女性の良いところが見えなくて一緒にいてぎこちないと思ってももしかしたらあまり異性と関わった事がないからかもしれない。付き合ってるうちにだんだんと合ってくるかもしれない>
こう考えれば相手に最初から期待しすぎないので余裕をもって接することが出来ますし自分もお互い様だということで気張らずに済みます。
またツンデレという言葉があるように最初はいまいちでも時間をかけて内面を見せてくれた方が最初からオープンな人より親近感が湧くといういうこともあります。


 相談所内での婚活は最初のお見合いを組む段階で品定め的にお相手を探しがちですが理想に見えるお相手の表面や釣書に惹かれていることも無意識化で多く自分に合っているかどうかはまた別の話。

 最後は気持ちで行くのですから最初は頭を使って活動しましょう。


  
 

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)

専業主婦になるのは社会で認められるより大変です!

 タイトルそのまま「専業主婦になるのは社会で認められるより大変です」

 専業主婦は立派な役割だと思います。

 しかしそもそも専業主婦とは「必要とされ求められてなるものであり自ら手をあげて就く性質のものではないからです!」

 3~40年前のことは知りませんが現在専業主婦自体が少ないうえに今いるほとんどの主婦は結婚生活後に相手から必要に応じてお願いされてなっているもので最初から立候補しても相手は見つかりません。

 確かに数多くはないですが結婚後に女性には家にいて欲しいと思う男性は相談所内にもいます。主婦を希望する男性と女性、需要と供給が合ってるじゃないか!と思われて活動されている方もいます。

 しかし結果としてその組み合わせの成婚は相談所内でほとんど見たことがありません。
 
 主婦を希望されていた男性会員様が選んだ相手は大体がその男性と同じように正社員で仕事をされていた女性だからです。 
 つまり主婦を希望している男性は主婦を希望している女性を選ばない!のです。

 身の回りでもテレビの世界でも見てれば大体同じです。相談所内だって同じです。
0f69298c837bcd22af18e0ac759daefe_s.jpg

 専業主婦はきちんとやるなら大変なお仕事ですし思い通りにならないことも多く精神的に辛いこともある役割です。

 それくらい主婦になったら頑張れる。。と言って活動されてる女性はいまのお仕事もがんばってください!そのうえで専業主婦に選ばれるわけですのでタイトルどおり「社会で認められるよりたいへんです」

「主婦になったら頑張る」と言うのは「会社に入ったら頑張る」「レギュラーになったら頑張る」と何ら変わりません。それが通用しないのは誰でもわかるはずです。

 仕事のできる男性は人を見る目も鋭いです!

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)

ハンデがある方でもご結婚されています。

 一般的に成婚活動におけるハンデがある方の不利益といえばその方の人柄を知ってもらう前に条件ではじかれてしまうこと!
 お見合い相手が見つかりにくい事だと思います。

 ここで言うハンデとは"低収入"、"容姿が良くない"、"性格に問題がある"などではなく「ご家族に重い持病がある」「一度離婚している(子供がいる場合も)」「海外に転勤の可能性がある」など置かれている環境や事情が特殊なケースなことです。
95a107f356c7a37a6e5b348ac88a9f57_s.jpg
 確かに検索はされてもその裏事情を知れば躊躇されてしまうことも多くお見合いが組みづらい側面はありますし数も多く組めない事は事実としてあります。


 しかしではハンデのある方は結婚相談所内で成婚できないかといえばまったくそんな事はなく成婚されている方も多いですし、むしろ成婚率で言えばもしかしたら通常の方より高いかもしれません。

 「お見合い相手は見つかりづらくても成婚率にはなんら影響してない」のです!!

 婚活は就活に似ていると言われますがまさにそれで出来てしまう方はどんな不利があろうと出来てしまうし出来ない方は20代の若さを武器にしても出来ません。理不尽に見えるようですが現実です。

 いえ、理不尽ではありませんいままで現場で見て感じた限り、ハンデがあっても成婚される方は本人のもともとの魅力もあったかもしれませんがそれ以上に、
自分の置かれている状況をわかっていて結果を受け入れる度量がありました
結果お相手から選ばれています。

 考えてみれば、上に挙げたハンデなどは通常に問題なく過ごしてきた家庭にもある日突然降りかかりそうなものばかりです。要は最初の段階ではすごい悪条件に見えても誰にでもありうる普通で些細なものです。(最初はなくても家族の誰かが病気になるなんて事は普通にあります)至るところ普通だった人が謙虚な姿勢で婚活してたから良い縁があったのだ。と当たり前の話になります。

 
 いま活動されている方に伝えたいのは初期段階で見える相手の欠点や悪条件のほとんどは実際に余りたいしたことではないと言うことです。それをわかって頂きたいです。
特に35歳以上で活動されている方は相手の悪条件でも受け入れられるものはドンドン受けましょう。その方が他の重要な項目が高くなります。
 人生が長くなれば色々と訳ありなことが増えるのは当たり前です。反対に許せる欠点を持ってくれたおかげで他の人に狙われずにすんだ、これも運命だとプラスに捉えられるくらいが丁度良いです。

 ハンデのある謙虚な方と人を表面で見なかった方の成婚はカウンセラーとしてとても嬉しいことです。

 

 


 

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)

相談所内での理想の男性ってどんな人?

 色々な成婚活動がありますが人は1人1人タイプがあるので自分に合った方法を選ぶのが一番いいに決まっています。

その中で結婚相談所で成婚された方(相談所が向いてる人)の特徴で1番感じたことといえば

相手の良さを見つけるのが上手い

事だと思います

向いてない人はその反対です。

結婚相談所には一般社会と比べよくも悪くも会員様にこの様な特徴があります。

男性

①収入や肩書きは良いさらに極端な低収入やフリーターなどはいないため平均は更に高い

②真剣度が高く遊び目的などの不純な方はいない

③年齢は初婚男性にしては高い

④容姿はやや劣って見える方が多い

⑤女性に慣れていないためにスマートな会話が出来ない

⑥気を使うところが間違っている

 『要はモテなさそうな男性』「女性受けしない男性」

そんなタイプが多いです。(失礼ですが事実です)

9e3d93851a3070351b62b4e70efb9ea1_s.jpg

もしお見合いまで進んで④~⑥の理由で🆖を出す女性は相談所に向いていません!こう断言します‼︎

 なぜなら相談所内で一番理想とすべき男性はこの手のタイプだからです!

④~⑥は付き合った女性次第で短時間で変えられる要素であり、長年の積み重ねと素養の証である①などに比べれば全然些細なことだからです。

 もしときめかない、最初から男性にリードしてほしいと思っている女性は他の方法で活動された方が絶対よいです。(比較的若い人が多いマッチングアプリなど女性に慣れてる浮つかせてくれる男性は数多くいます。ただし①を求めれば②が②を求めれば①が足らないのは覚悟しましょう。また身元で嘘つかれても自己責任です)

④は不健康そうな体でなければ服や髪型など選んであげればよいです女性次第で全然変わる男性は多くいます。
⑤は完全に経験不足から来るものなので付き合って経験していけばよいです。
⑥も緊張やら経験不足から来るものなので自然と馴染んできます。
④~⑥はすべて時間が解決してくれるものですし多少手こずっても結婚生活に深刻な影響を与えるものではありません。
 肝に銘じておくのは慣れから来るコミュニケーション不全と俗にいうコミュ障はちがうということです
確かに真正のコミュ障でしたら考えるべきですが相談所内にそういった方はほとんどいないので心配しない方がよいです。誰とでも話せない人は仕事にならないのでそもそも稼げないからです。

 以上の理由からこの手の男性は相談所内の優良物件です。もしこのような方には魅力を感じない、惹かれないというのなら①と③で調節すればよいのです。

 ①~⑥がそろっている方は相談所にも婚活の場にも一般社会にもほとんどいません。いても既婚者です!

 相談所には一番大切な①と②が揃っている方が多いのでその他の項目まで最初の段階からは求めないようにしていただきたいです。

 活動には時にこのような割り切りも必要です!
 相談所で成婚される方はこんな相手の良さも欠点も一度受け入れて関係を築ける方です。


  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)

結婚出来ない方のピンとくるってなに?!

 結婚相談所には様々なタイプの異性の会員様がいらっしゃいます。

 こうした結婚相談所でなくとも婚活の場にいる方々ははっきり言って一般社会にいる普通の方です。
 別に重大な欠陥があるわけでもなく人に言えないやましい事してるわけでもなく。仲間内同僚ご近所さんと同じような人です。いえむしろ身元のわかる書類や収入証明が必要な相談所のほうが俗に言うまともな人の割合が高いかもしれません。
 当たり前ですが結婚を真面目に考えて活動されているわけですから犯罪者や社会不適合者はもちろんフリーターなどもほとんどいません。

 そしてみんな良い成婚にむけて活動されています!!

 それでも残念ながら全員が成婚できる訳ではありません。何年も何年も活動されても出来ない方もいればすぐに良縁に結びつく方もいます。
 婚活は早上がりを競うゲームではありませんので早ければ早いほどよいということは決してありません。「理想の相手を決めてそれ以外の方とは結婚しない、相手が見つかるまで長くかかってもよい」こんな感じのスタンスの方もいます。(ちなみに当相談所ではその考えもいっさい否定はしません。明るく活動に取りくまれているうちはよいと思ってます。自身の考えそのものがモチベーションだからです。ただし時間は戻らない事だけは釘指しますが)

 しかしながらそれも程度問題で自分で決めたお見合いで50~100人以上と会っても決まらない決められない方は問題ありといえます!【ちなみに成婚される方のお見合い数は10~20人が多いです】

 よく結婚できない人の特徴に年齢、収入などの釣書のスペックがあげられる事が多いですがそれらはお見合いを組みづらい要因になっても婚活が長引く要因にはなりません。
正直お見合いがほとんど組めなくて活動が長引く方は稀です、ほとんどいません。
 
 長引いて疲弊してしまう方はこう言う人多いです。
   ピンとくる人がいない
 
 
 正直この言葉を言う人は絶望レベルで婚活に向いていません  これはやっかいなもので治りません。
相手が本当に受け入れられないこともたまにはあるでしょう。しかしお見合いの段階で相手のプロフィールはわかってお見合いOKしているわけですからそれは問題がなかったはずです。
e86fd5f11e902c0b9efba06bd578a8e5_s.jpg
 それなのに50人以上と会いピンとこないと言ってる方はかなり重症です!要は感じるものがなかったということだと思いますがそれが当たり前で普通です。初めて会って何も知らない相手に特別な感情を持つことは冷静でない証拠です。「突っ走るのはやめて関係は時間をかけて築きましょう」といっても無駄です。

 これは性分のようなもので変えられない、変わったらその人がその人でなくなるので仕方がありません。誰かが悪いわけでもありません。

 ただし婚活には向いていません。

 わたしはそのような会員様がいた場合もちろんカウンセリングや話し合いの場を設けますが上記のように100人お見合いしても決まらない方には退会を進めますしお見合いも積極的には組まないでしょう。

 真面目に活動している方々に無駄な時間使わせて失礼ですし婚活の世界の中でもまったく生産性のないことだからです。 ただお見合いした喫茶店かホテルのラウンジが儲かるだけです!

 反対にいえば一般的な価値観を持ち真摯に活動されている方。
それらの方は不必要に長引いたりしません。一部の方のせいで全体の成婚率が落ちて見えるだけで真面目に取り組まれてる方の成婚率はもっと高いはず、、と前向きに活動していただきたいです。

 
 

 
 

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)

活動は有利でも不利でも結婚できるのは一人に一人だけです

 婚活がうまくいかない!難しい!!と思ってしまう方へ、、、

 婚活において年齢だとか条件だとか相性であるとか経験であるとか、有利不利と言われる項目はたくさんあります。

 でも結婚の性質上絶対なことがあります!

 結婚できるのは「一人に対して一人だけです!」
9be949b377afa5014e9b940a875cc105_s.jpg
どんなに話が面白くてお金持ちで人気のある男性でも、若くてきれいな女性でも結婚できるのは一人に一人の異性の組合せだけです。

 これが芸能人になって売れっ子になろう、ブログを書いて生計を立てようなどでしたら顔も知らない方も含めた多くの支持者を集めなくてはいけません。しかも競争が激しく10人のファンしかいない方もいれば1万人のファンがいる方がいて格差が物凄いです。

 しかし日本の結婚制度ではありがたいことといってよいのかそのようなことが出来なくなっています。重婚は認められていないからです。
 そう思えば結婚は難しく考える必要はないともいえます。

 例えかなわないと思っている同性がいたとしてもその人に持って行かれる異性はたったの一人
 そして自分も一人見つけるだけでよい
このように婚活は勝負ではなく誰もが勝者、成功者すなわち幸せになれることが出来るのです。

 婚活を勝負と言ったり、狩るという言葉を用いるカウンセラーもいますが万人に通じる理論ではありません。

 結婚は勝負をするの場ではなく自分が自然体でいられる相手を1人見つけることです。

 

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)

その人の年代にあった相手は必ずいます。でも無理はしない事!

 婚活するのにその後の人生設計も含めその方の年齢は非常に重要です!

 そして婚活における人生設計とはまだ知らぬ相手との未来を描くことであり、それは相手に求める条件につながります。
b06bcf20b3f8091925a4c94dd34c958a_s.jpg
 一般的に相手に高いスペック(容姿、収入、身長、若さ)などを分不相応に求めることを「高望み」といいましてほとんどの相談所の仲人は会員にそうならないように話し合います。会員に不必要に活動を長引かせて欲しくないからです。当然と言えば当然です。(逆に活動を好きにさせて長引かせて何も指導をしないのは仲人、カウンセラー失格です。月会費目当ての守銭奴なのでそういう相談所に入らないようにしましょう)

 当相談所の場合はそのような高望みには特に反対しませんなぜならその会員様1人の理想であり人生だからです(ただしあまりにも度が過ぎて不必要に疲労する原因になったり、無駄な時間が過ぎるようなら多少話し合いますが)。   ただし、、、
その方の年齢に沿わない矛盾した活動をされる方、条件を前面に出される方には多少強く見直しを求める場合があります。

 例えば「45歳男性が子供が絶対2人欲しいと相手に望む」「35歳無職の女性が子供を望む」等です。これらは一見高望みと同じように感じますが高望みは相手にただ無条件に求めるだけなのに対し上記のようなケースでは求めている条件にそもそも自らの置かれている状況が一致していません!!つまり言ってることとやってることが矛盾しているということです。
 普通に考えれば45歳以上で子供を二人持つ前提で活動するのは時期が外れてます。もし突き通して活動を進めても同じ子供を2人持ちたいと考えるのは30代半ばまでの女性でしょう。結果同じ考えの会員は他の会員を選ぶのでその方は選ばれません!当たり前です言動が矛盾してる人は敬遠されますから。
 35歳の女性の例も同様です。子供を育てるのには経済力も含めていろいろ大変です。それなのに無職で子供が欲しいとはどういうことでしょう!?単純に不振がられて敬遠されます。

 上記のような方がいたら絶対に前面に条件を出した婚活はしないように限りなく指導に近いカウンセリングになるでしょう。
 もしどうしても上記のようなことを望むなら前面に条件は出さず結果としてそうなれるよう内面を磨き、理想は心に秘め活動することをおすすめします。(その結果として子供が持てたなどなら応援したくなります)

 要は25歳なら理想をやる気と取ってもらえますが、その人の年齢によっては同じ理想でも全く違う受け取り方をされてしまうのです。


 タイトル通りどんな年齢、年代の方でも成婚されるのを見てきました。

 しかしそのためには自身の年齢を考えて活動されることをおすすめします。
 

 
 
 

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)

年齢、年代別成婚率について。あてにしないこと。

 各メディアやサイトで「成婚率」という言葉ががよく使われますがこれはあてにならないものであると断言しましょう。なぜなら解釈の取り方や分母の取り方次第で、、つまり数字のマジックでいくらとでもなる数字だからです。それを説明したいと思います。

 世間的に年齢が上がれば上がるほど成婚するのが難しいように言われていますが実際のところどうでしょうか!?

 一説には35歳以上の成婚率は10%などと言われています、、まずこれが大変疑わしい。。理由はあります。


 まず私は現在37歳で学生時代の友人やその時代のバイト仲間など30代後半の知り合いは多いのですが確かに32歳くらいまで独身は多くそこから35歳までに既婚者が増えていきますがそれ以降の方からもおめでたい話はよく聞きます。決して10人に一人ではないでしょう。
しかも35歳からたったの数年での話です。ざっと見て10人中3人くらいは結婚されている印象があります。今の段階で既に35歳からの成婚率30%です。さらにこれから成婚される方もいるはずなので30%からさらに上がるでしょう。全く持って10%ではありません。
 これはわたしの周りの話でしたがこれを今読まれてる方でもそう思われる方は多いと思います。


 ではなぜ成婚率が10%と言われるか、理由があります。

   それは「OO以内に」というキーワードです。

 試しにOに3を入れてこう言いましょう。
「35歳過ぎの方が三年以内に結婚できる可能性は10%」
  ↑これをみるとまるで35歳の人が婚活頑張っても無駄みたいに錯覚しませんか!?

 
はい、その通り錯覚です、これが数字のマジックです!!!

 (何年以内)など区切ったらそういう数字が出るのは当たり前です。
 もし「20歳の人が」、、に変えたらどうでしょうか?成婚率上がりますか?!、、
い~え上がりません。私の周りでは1人だけです。成婚率は3%もありません。。
当たり前です20~23歳で結婚される方は少ないからです。

 まとめると、要するに35歳以上の方の成婚率を下げたい、下がっていることにしたいと思う人かそういう思惑が「35歳という年齢のイメージ(結婚したがっている、あせってる等)を利用して(何年以内)というキーワードを入れ込み、意図的に成婚率を低く見せている」、、こういうことなのだと思います。
 本来であれば一生の相手を見つけることに対し「何年以内」などそこまで重要ではないはずです。
 つまりそれだけあてにしてはいけないパーセンテージ!それが成婚率です
c38dbf84e08f8150d49ded7e11cff3d1_s.jpg
 

 ともに現在独身で20歳と35歳の生涯通しての成婚率(いわゆる未婚率)なら20歳の方がはるかに高いでしょう。ですがそれはそれだけの時間がチャンスとして残っているということで年齢そのものの成婚力がすごく高いわけではありません。
 
 今が何歳の方でもチャンスはあります。ただ時間は無駄にはして欲しくはありません。その方にあった方は必ずいますので年齢が結婚できない理由にはならないと思います。
そして20代の若い方へ、成婚率が高いのは時間が多く残されているからであり決して成婚力があり結婚しやすい状態にあるわけではありません。あせることはありませんが早いうちから結婚についてまじめに向き合っていただきたいと心より思っております。


 
   


 

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)

婚活おける年齢別お見合い申し込まれ数比較

 前回は検索型の婚活において相手を探す時、年齢がどれだけ影響するかというデータを「プロフィール閲覧数」つまりある人のプロフィールをどれだけみたかという視点で比較数字を出してみました。詳細はこちら

 今回はそれに対して「お見合い申し込まれ数」で比較してみます。この項目が一般における人気や需要といったものに近いでしょう。

 それでは独自の調査ですがこのような数字が出ました。どうぞ、

 男性 20代 30代前 30代後 40代 50代    4:6:6:3:2
女性 20代 30代前 30代後 40代 50代    8:4:2:3:1

 前回の『プロフィール閲覧数』と近い数字が出るのは当たり前ですがまず目立つのは30代男性の人気の高さです。20~40歳の幅広い女性からお見合いを申し込まれるようです!a27822936d57fa2b2bb5d50918716105_s.jpg   
 そして次に気になったのが30代前半の女性の人気です。一見すると20代の半分の数字に見えるかもしれませんが20代全員より30代前半の女性の方が倍近くいます。ともすれば一人あたりの数字は分散するのは仕方がないことであり需要という観点では非常に男性から求められる年代ともいえます。
 40代の女性の人気も見逃せません。これはおそらく男性会員が多い40代後半の方が申し込む年代がこの年代の方であり、また子供を望まない、落ち着いたパートナーを探している、男女ともに再婚者も多く結婚に対する考えも持っている、こんなところでしょうか。

 まとめると婚活システムの中では
*30代の男性は幅広い年齢の女性から求められる
*20代女性が人気なのは当たり前だが30代前半女性の人気も高い
*40歳前後の方では独自の需要と供給がある

 こう感じました。

 
 

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)

婚活システムにおける年齢別プロフィール閲覧数比較

 婚活において年齢は最重要項目であり、どんな方でもそれを踏まえて適切な方法で活動されることが良縁に恵まれるいちばんの秘訣です。婚活での年齢について。よい活動のために知る!
 今回はアプリ、お見合い婚活サービスのシステムを管理者としてみてきた私に経験と先輩仲人さんから聞いた話をもとに「各性別で年齢がどれだけプロフィールの閲覧数(何人の人が見てくれたか)に影響があるか?」をお話ししたいと思います。
 
 その前に断っておきますが今から書く数字のソースはわたしの見てきた聞いたかの主観であり公式にどこかがデータを発表しているものではありません。あくまで大体の数字であり数値がどうこうよりも、年齢で色々違ってくるんだな。。くらいに思ってください。
*あと数字は感情抜きでドライに書いています。最終目的は活動される方が良い縁に恵まれるために現実の数字を知識として持ってもらうことであります。けっして閲覧数が低いからダメとか伝えたいのではありません!何度も繰り返してますがたった一人の良い相手と結ばれればよいのです

 それでは数字を出します!私がみてきた何個かのシステムから各性別の年齢別に適度な人数ずつ無造作に選びプロフィール閲覧数を調べ全体的に大雑把に数字を出した後に先輩カウンセラー達とそれらを研鑽しそれらを比較したものです。
21f2264c1fb4f2e0a58e441cd2222c89_s.jpg

男性 20代 30代前 30代後 40代 50代    5:5:3:2:2
女性 20代 30代前 30代後 40代 50代    8:3:1:1:1

 見ての通り20代の女性は圧倒的に多くの人からプロフィールに目を通されます!!。次に男性の30代の男性が人気という意味では高いと思いました。20代の男性も同じようにたくさんの方から見られますがこれは20代男性の数は少なく稀少という意味での閲覧数の高さである可能性もあります。
30歳前半の女性もたくさんの方から興味をもたれ需要のある年代だと思いますが①まず活動されている人数が非常に多い②検索の際最初に20代と入れて検索する男性が本当に多い等の理由により20代の女性に比べると著しく閲覧数が落ちます。  特に②は重要で29歳と30歳でも差が出ます!この現象は年収や身長などでも起こります。

 大雑把な比例を出してみましたがこれらを生かすか生かさないかはその方次第です!
29-30の話では「女性なら29歳のうちにやれるだけやって成果が出なければまた活動方法変えて」みたいにアクセントになりますし男性なら「検索方法を少し変えたら30歳の良い方がいた」の様にプラスに変えていただきたいです。
 そして女性の35歳以上の方や男性の40歳以上の方は待つのではなく自分から積極的に行った方がよいです。ちなみに20代女性に比べてどの年代の方でも十分の一になることはあまりありません。見てくれる人は必ずいます!!
しかしこの数字をみて積極的になり良縁をつかんでしまえばそれで万事OKです。。

 

 

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)

婚活している男性の年齢層は?若い人はいるか?

 婚活されている男性の年齢層は20~60歳代と広く活動されていますが女性に比べるとやや遅く始められるのか35歳以上の方が多い印象を受けました。おそらくは30歳過ぎあたりで始める方が多いのではないでしょうか。。 
 20代の方もやはり女性より少なく感じますが先輩仲人さんから聞く限り、それでも10年前と比べるとだいぶ多くの若い男性が活動されているそうです。

 現在私のみるところでは20代の男性は結婚相談所形式のところより婚活アプリや街婚など敷居が低く結婚願望がそれほどでもなく気楽な気持ちでされている方が多いようです。

 結婚相談所に登録される20代の男性は本当に少ないです。20代の男女差を比較すると1:9、2:8ぐらいの差があるように感じられます。
 その一方でご職業的には世間的に認知されてるといいますかなかなかしっかりされたお仕事に付かれてる方が多いです。公務員や研究職に付かれている方が他の年代にくらべ多いと思います。
 いわゆる理系男子とでも言うのでしょうか。非常に真面目に誠実に生きてきたけど自由恋愛市場にはやや疎く、昔であればよい縁談が来て結婚していたようなそんなタイプの男性が多いです。
「先日25才で活動している男性もいるという話を他のカウンセラーの方から聞きました。自衛官をやっているらしいのですが、移動や泊りの多い職業ゆえ落ち着いて異性と接する機会もなかなか作れないそうなのです」
若い男性で活動されている方は数は少ないですがこのような男性が本当に多いです。
 436fef045b9fc6c1845ec225ee7e31dc_s.jpg
 もし私が女性の方にアドバイスするのであれば上記のような理系タイプの男性は非常におすすめします。たまに女性に対してリードしてくれない、いろんな店を知らない、話が続かない等の不満を言われる方もいらっしゃいますが婚活の場でそれらの評価するのは間違いだと思います、ここは楽しい交際相手を探す場ではないからです。そしてそれらはお付き合いや結婚生活の中でいくらでも変わっていけるからです。むしろ掘り出し物でありダイヤの原石を光らせるくらいの気持ちを持った方がうまくいくと思います。

 そして男性の方には気楽なパーティやアプリもよいですが結婚相談所には若い男性がが少ない、それはすなわちチャンスが多いということでもあるのでプラスに考えて相談所での活動も視野に入れてみてください。いままで学業や仕事に打ち込んできた方には得にお勧めします。

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)

最近20代の女性が数多く活動されています

ここ最近の婚活市場(知り合いから紹介されるのも自分で気に入った方にアタックするのも婚活ではありますがここでは婚活の中でもパーティやお見合い、ネット等のやや商業よりなものを便宜的にそう呼ばせていただきます)の変化で先輩仲人さん達からよく聞くのが
 ここ10年で若い女性、特に20代半ばの女性が増えたというものです。
558437.jpg

 私は「結婚相談所連盟」の会員様や今までの経験上20代の女性は女性の中でも半分もいないのであまり多くいるなという印象は受けませんでした。
 しかし今から10年以上前、まだ世間に婚活という言葉が一般的ではなく、ネットなどでは出会い系など男女の出会いがあまり健全なイメージがなかった時代、結婚相談所を利用するのは(言い方は悪いですが)結婚しそびれた年齢に差し掛かった女性が駆け込み寺的に行うもの、このようなイメージが強くまた実際に会員のほとんどは35才以上の方であり20代は本当に少なかったそうです。
 おそらく10~20人に一人の割合でしかなかったのでしょうか!!

 しかし現在では私が推測する限り4人に1人、ややもすると3人に1人の女性が20代の女性です!
 
 なんでそう変化があったかといえば価値観の変化や社会の変化いろいろ言われてますが人生プランを考えたときに何事もタイミングが大事、要は
   「結婚適齢期というものが改めて見直されてきた!」ってことだと思っています。

 

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)

男性は33歳くらいから年下の相手を求めるが、、、

 前回書いたようように33~40歳の男女の同世代婚はお互い相手に求めるものの違いによりミスマッチおこしやすく成立しずらくなってしまっています。
では実際に男性側、33~40才くらいの男性は27~32歳くらいの女性と成婚されてるのでしょうか!?
 
 私の見てきた中では実際に37歳位の男性と32歳位の女性の成婚例は多いです。実際理想的な組み合わせだと思います。ただし男性側には年齢が上のぶんそれなりの包容力と経済力が求められます

 上記の例は確かに婚活界の成婚の中では王道であります。、、、ですがそれは理想であり成婚した方々の中ではスタンダートであっても全体のなかでは少数でしかありません。
 つまり理想的な方、特に男性は全体の数からしても少なく今婚活界全体で活動してもなかなか全体の成婚率が上がってこない(活動頑張っても結婚できない人がたくさん出てきてしまう)のは上記の例のような成婚を全体が求め、その結果誰からみても理想的な上位10%の男女だけが成婚できるような感じになってしまっています。
53ee553a277589ba05820dd71bdda777_s.jpg
私は会員様にその方にあった成婚をしていただき幸せになっていただきたいと思ってますのでこのことを必要に応じて必ず説明させていただいております。一つの形ばかりに固執しないで時に賢く独自性を持つことも必要です。

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)

年が上がると成婚男女の年齢差が広がります!!

結婚したらその後の生活があります。というよりその後の生活をよくするため結婚するといった方がよいかもしれません。
 まず二人の関係を土台として家庭を築き生涯のプランを立て子供が出来たら子を含めた人生設計を描いていくのが普通です。
 
 そのため夫婦の価値観が近いことが理想です。当たり前のことですが世代差、ジェネレーションギャップなどといわれるように年が5才~10才離れているだけで幼少期から過ごした社会の常識や価値観など違う時を過ごしていましたし、話もかみ合わなくなってくることもよくあります。また自身の年齢から逆算して人生を設計していくときに夫婦の年齢差が開いていると子供は何人もつ、家を買ってどこに住む、親の介護はどうする、などの人生の大きな節目の考え方が異なってしまうことがままあります。
 もちろん年が離れていても良い家庭を築いている家庭もいらっしゃいますが上記のようなリスクもあることは確かなようです。

 そして本タイトルの件なのですが婚活の世界では
 <年が上がると成婚される二人の年齢差が広がる>傾向がありました。
 私の経験上の例えをだすと28歳男性と26歳女性のお見合いは組みやすくても36歳の男性に34歳の女性がお見合いの申し込みをしても成立する可能性が低くなります。
 
そこには女性には①出産適齢期というものがあり②男性は子供を望むために婚活されてる方が圧倒的に多く③その出産適齢期は35歳に設定されている方が多く④その結果34歳~40歳の男性は同年代を選ばず27~33歳くらいの女性を狙う。①~⑤のことが絡み合って深刻なミスマッチをおこします。
 これがどんな婚活の仕方をしたとしても必ず存在する現実であり30代以上になると男女の年齢差が開く正体です。
050b4e229c4b4c1f7cf100a204f2c35d_s.jpg
 ここから先はその33歳~40歳あたりの女性に向けて書きますが、これらの事はあくまで傾向ではありますが決して傾向なだけでは済まされない現実です。同じ職業の横のつながりの人に聞いてもみな同じことを言います。
 でもこの現実を知っていた方が圧倒的にうまく活動を進められます。例えそんな現実があろうがなかろうが自分が幸せな結婚をするため活動するのみです。
 この現実に立ち向かうのもよし、知ったうえでうまく立ち回るのもよし、私たちカウンセラーはそのためにいます。

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)

男女ともに年齢は重要です!!

  タイトル通りですが婚活において年齢は
 ≪男女ともに非常に重要です≫

 いろんな方のサイトやブログを拝見していますと基本的に女性が婚活している前提で書かれていることが多いです。そこでは女性の年齢に対して大変シビアなことも書かれていることも多いのですが男性の年齢についてはあまり触れられてはいないようです。
 しかし婚活で年齢は男女ともに重要であり女性だけが影響されるわけはありません。
 よく考えれば当たり前の事なのですが私の経験上では40歳以上の男性が20代の男性と同じような活動のやり方しているのを多く見てきました。
 何歳であってもその方にふさわしい活動の仕方でよい縁があると思いますがそのようなやり方では良い縁を逃してしまいます。20代には20代の方の40代の方には40代の方にふさわしい相手と活動の仕方があります。しかし(男性は何歳でも結婚できる)この言葉を曲解している男性多く見受けられました。
84cda44087137601f7e43e3f5ee2b762_s.jpg

 年齢を男女別にみれば確かに女性の方がシビアなことは確かです。26歳と30歳と34歳の女性では活動自体を大きく変えなければいけないのに対して男性側のそれはそこまでシビアではありません。せいぜい20代、35才前後、40歳過ぎみたいなざっくりしたものです。なぜなら<男性はそのほかの項目でもジャッジされることが多く個人差が大きい>からです。
 つまり男性は何歳になっても結婚できるという言葉には*が付くということです。
実際に結婚した男女の年齢差は±2才差ほど。私がみてきた婚活業界の中でも3~5才差が圧倒的に多かったです。

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)

婚活は若い方のほうがが有利です。ただし、、、

 婚活では世間一般的に若い方のほうが有利だといわれています。特に女性は年齢がすべての様な記載もよく見つけます。(それらの記事が書かれた別の方の婚活ブログは溢れてますのでそちらを読んでください、ここでは別視点で書いてみます)

 しかし私はそれらに対しいささか強引で誤解を与えかねない表現であると思っています。
ある見方をすれば正しいかもしれませんがそれは一面でしかないそんなふうにみています。
 有利だと言われてるのはお相手から選んでもらう立場にたったときに(特に女性の場合顕著です)幅広い年齢の方から選んでもらえる、申し込みが来る。お相手の年齢層が様々なだけでなく数多くの方から選んでもらえる。
 簡単にいうと<婚活において可能性が広い>ということ。(私の知っている中では25歳くらいの女性は20~55歳の男性からアプローチされてる方もいました!!!)

 それが若い人の方が婚活が有利と一般的に言われる所以です。

 でも、だからと言ってたったそれだけのことです。別に幅広い年代、数多くの方から申し込みを受けたとしても<結婚できるのは1人に1人だけです>。
 目的がSNSやブログのフォロワーを増やしたいとかであれば若さあふれる勢いのある男性、若くきれいな女性は絶対的有利でしょう。でも<結婚できるのは1人に1人だけです>。
42e680eea86f73adf9898a9cde8854d6_s.jpg
 ここが若い方が有利の言葉に隠された落とし穴で年齢が幸福な結婚に結びつくかという視点ではさほど意味を持ちません。大事な1人のパートナーを見誤ればおしまいです。。
 婚活において初期段階の武器として若さほど強いものはありませんがそのあとについては結局はその人の人間性、相手との相性、縁次第です。
 若くして最良の相手と結婚できたのであればこれだけ20代の離婚率が高いはずありませんからね。ゆめゆめ<若いから有利をの言葉の意味をはき違えてはいけません。>
 
  私は「一人でも多くの方に結婚して幸せな家庭を築いてほしい」との思いでカウンセラーをやり相談所やっています。
 いままでの経験上、婚活は年代の方でも気を付けたり大変なことがある反面、ふさわしいやり方次第で満足な成果につながると感じています。
婚活はお見合い100人から申し込まれるより、結果的に1人の方と結ばれていただければよいのです。それを忘れないでください
 

 
 


 

 

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)

婚活での年齢について。よい活動のために知る!

 結婚相手の年齢を気にしない方はいないでしょう。。

 特に知らない方の中から相手を探すお見合い形式の当相談所のようなところではまず最初にプロフィールがみられますのでその傾向がより一層強くなります。

 私は当相談所の前にもネット形式の婚活会社で働いていたことがあります。その経験も含め年齢がどれだけ活動に影響するのか数字等も使って表してみたいと思います。
(あくまで私がみてきた中ではと断っておきます。それでも1000人単位で感じたことです。)

 まずはっきりと伝えたい事がいくつかあります。
 最近の時勢で、年齢、特に独身女性の婚期について触れるのはタブーになっている風潮があります。年をとると結婚が難しいなどと(本来当たり前のことを)発言すると非難されてしまいます。そのためおせっかいをしてくれる方も少なくなりました。
 もちろんよい人生を送って年を重ねるのは男女ともに素敵なことです。
 しかしそれは人間としての魅力の話であって婚活での異性に対する需要ではありません。50歳でも60歳でも魅力的な方はいます。。でも結婚相手となるとどうでしょうか?若い人に比べて結婚は難しいのは当たり前です。
 一部このお話をするとまるで人間すべてを否定されたかのように憤慨する方がいますがあくまで婚活の中での話です。そしてそれは受け入れなければいけない事実であり、知らないと婚活が不毛なものとなり無駄な時間を使い無駄に消耗して精神を疲弊させます。
 もう一度言いますが婚活において「年齢は重要!」です。
 
「それは数字にもはっきりと出ています。」
    594e018abcfb3f4e0bb227e6a1d11f25_s.jpg


 私がみて感じたことでいくつかまとめました 
 
 絶対に知らなければいけないこと
  ①<婚活は年齢が若い方のほうが有利です。ただし、、、>
  ②<男女ともに年齢は重要です>
  ③<年が上がると成婚男女の年齢差が広がります>
  ④<最近20代の女性が数多く活動されています>

 数字から見る年齢での婚活データ
  ①<年齢別プロフィール閲覧数比較>
  ②<年齢別お見合い申し込まれ数比較>
  ③<年齢別成婚率>

 年齢のせいにしない前向きな活動の仕方
  ①<その年代にあった相手は必ずいます>
  ②<活動は有利でも不利でも結婚できるのは一人に一人だけです>
  ③<ハンデのある方も成婚されてます>
 
 次回から詳しく説明します
 

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)

本日は成人式でした。年齢は婚活において切っても切っても切り離せません

 本日は成人式の日でした。ニュースを観ていますと政府は今後新成人の基準を20歳から18歳に引き下げる予定でいるとか!!?
 18歳が成人とはすごいですね!もしそうなったら結婚できる年齢も変わるかもしれないのでブライダル関係のこの業界ではなにか変っていくかもしれないです。

 そういった話もあるようですが今回から婚活においてもしかしたら一番大切なことかもしれません。。そんなことを事を書いていきたいと思います。それを知っているか知っていないかで進展具合が全然違います。 
    
それは言うまでもなく ""婚活において年齢はものすごく重要!!"" ということです。
996741.jpg
だからといってこれから書いていこうと思っているのは
「若い方が有利だ、だから早く結婚しろ」などと書くつもりはありません。
 あくまでも私がこの世界でみてきた事を中心に数字も交えながら詳しく解説し婚活での事実と実情をわかっていただくことによって<お歳がいくつの方であれ少しでも有利に婚活を進めていただこう>という主旨のものです。

 年齢については一般的に有利といわれる歳が若い状態に戻ることは出来ないので時にドライな表現になってしまうかもしれませんが(婚活では気持ちと知識がバランスよくあるる方がうまくいく) ように出来ていますので。。。。

 次回から詳しく書いていきますのでよろしくお願いします。


 
 

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)

妥協婚をおすすめしない理由③

 妥協婚をおすすめしないしない理由3つ目は<妥協して相手を探すという行為そのものがストレスとなるから>です。

 私のところでも何名かの方が特に出張や身辺問題ではなくただ少し疲れたという理由で休会されたことがあります。確かに婚活にはエネルギーを使いますし知らない相手とあうわけですから気も使うでしょう。婚活疲れなる言葉も業界では流行っているようですから。
 よい未来を創っていこうと前向きに活動されていたのに残念なことです。

 「(ちなみに私はそのような理由の場合休会をあまりおすすめしていません。なぜなら結婚生活とは現在進行形です。そのための活動も進行形であるべきです。結婚生活の中で少し疲れたから少し別居して落ち着いたらまた一緒に、とかありますか?絶対にありません、良い時も悪い時も乗り越えるのが結婚生活です。  もし婚活で少し疲れたなら少し活動のペースを落とすか、本当によいのは婚活疲れを起こさないような活動の仕方を考えていくものだと思っています。)」
  618019d28fad1ce2c7079ec146ab1c9f_s.jpg
 本題に戻ります。婚活疲れを起こす大きな要素は相手に<妥協する=希望の相手と結ばれない>という意識が心の底にあるからだと思ってます。
 理想は誰でも持っていてほしいものですが同時に現実で理想通りいかないのであればそれは思っていただけで本当の理想ではないかもしれません。白馬の王子様といいますが現実もし結婚して良かったのは最初だけたあとはただ疲れるだけです。
 それより一緒にいて楽な相手を見つけましょう。必ずいるはずです。
 もしそれでも妥協してと考えてしまうなら<妥協ではなく妥当と思うようにしましょう>背伸びしないで付き合える方が一番理想な相手です。
 

 

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)

妥協婚をおすすめしない理由②

 妥協して相手を決めるやり方で活動していますと段々と異性を見る目がおかしくなり人を好きになる事が出来なくなります。

 私はいままで現在の相談所だけでなく某大手で婚活関係のお仕事に携わり多くの成婚された方をみてきましたが成婚されたほぼすべての方々は恋愛をされて相手の事を好きになって成婚されていました。パーティ形式、お見合い形式など出会うときの形は様々でも皆さんこの人と一緒にいたいといった気持ちでご結婚されていました。
 これは前時代的な家同士でのお見合いで結婚された年配の方から聞いたのですがたとえ初めて顔を合わせてであってもちゃんと相手を好きになる気持ちがあって結婚されたそうです、だから長年連れ添うことが出来たとも。。

 経験上断言しますが婚活といわれる活動での出会いもそれ以外の出会いも最終的には同じ気持ちで結婚されています。けっして婚活は条件で決めてそれ以外は気持ちで決めているわけではなかったと思います。

 前置きが長くなりましたが私が妥協婚をおすすめしないのは妥協してるという気持ちが入ると相手を好きになることが出来なくなるからです。
878378d2a952b835937fed9cd6614a89_s.jpg
 良い縁に恵まれ幸福な結婚生活を送る秘訣は<妥協するなら自分の理想に対してするものではなく決めた相手の事を受け止める度量の事>そう強く感じてます。

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)

妥協婚をおすすめしない理由①

 私が妥協婚なるものをおすすめしない理由、それは<妥協して結婚する考え自体結婚生活に向いていない>と考えられるからです。
婚活の世界でいう妥協婚とは一般的に相手探しの段階で見たことのない相手を探すときに条件をつけ活動がうまくいかなかった時にその条件を不本意ながら下げ活動を行い結婚したことを言います。
つまり「もっと条件のいい人がよかったんだけどこの相手で手を打つしかないかな~仕方ないけど」みたいな感じですね。
 妥協という言葉を調べると<相手に歩み寄り、譲ることで意見をまとめること>とあります。本来は物事など取り決める時に使う言葉です。悪い言葉ではありません、むしろ歩み寄って譲るのですからよい言葉です。
 ではなぜ婚活での妥協はダメかといいますとそれはまだ決まってもいない相手に対して行うからです。お見合いの時点では皆対等なはずです、それを妥協するということは初対面の何も知らないお相手に対して「(既に自分はあなたに合わせているからね)」こんな意識で臨んでいるようなものです。
 傲慢で大変独りよがりの考え方です。もちろん婚活では年齢、年収などと並んで性格も大きなウエイトを占めますのでこのような考え方をされる方は考えを改めた方が良いでしょう。活動が袋小路にはまります。
 8f41e5aa3580adab09de6db2e4fdc1e9_s.jpg
 まぁべつに解説しなくてももし結婚後に「妥協してあなたと結婚したの」って言ったら相手がどう思うか?普通に考えればわかることですけどね、、、

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)

妥協しないと結婚できないって考え方がそもそも危険なことについて

 婚活関連のブログでもサイトでもカウンセラーからの話でも友達からのアドバイスでも何でもいいです。この言葉聞いたことありませんか?
  <妥協しないと結婚できないよ> 
(要は求めている条件ではお相手が見つからないか見つかっても進展が難しいのでお相手のランクを下げましょうってことです。)


先に言ってしまうと当相談所ではこの考え方は一切おすすめしていません。
4d3d13a880de07d88e923d623bc24f4a_s.jpg
 
理由は大きく3つありまして
①お相手に失礼なだけでなくこの考え方持っている時点で結婚生活に向いていない。妥協とは自分に対して使うものであって相手に対して使うものではない。
②お相手のことを好きになれなくなる。結果良縁を逃しやすい。
③活動中に不必要なストレスを抱える原因になりやすい。

の3つです。
次回詳しく書いていきたいと思います。

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)

2018年みなさまによき出会いがありますように、

26c1535ecb46c9b7446afd63fbc56f75_s.jpg

 新年あけましておめでとうございます。
一年の始まりです。私は婚活カウンセラーとしてだけでなくすべての事に対して前向きに活動していきたいと思います。
皆様の会員様の喜びの声を一つでも多く聞けるように努力しますのでどうぞよろしくおねがいします。

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)