初めてのお見合い。①申し込み、申し受け

 相談所では基本お見合い相手を探して申し込むんでOKもらうか、お相手から申し受けてOKを出すことによって「お見合い」を行います。お相手探しの際には他にも仲人からの紹介などもありますが基本的には同じです。


 そうして「お見合い」へと進むと本格的に活動しているような感じになり会員様のモチベーションも上がってきます。
成婚活動には活動に対する意欲のために自分で自分のやる気を保つ工夫も必要です。

 その一つがお見合い頻度でおおよそ月に最低1回できれば2回は組みたいところです。
月に4回程つまりほぼ毎週組むのは(それはそれですごいですが!)大変ですし、また一つのお見合いに集中しない(出来ない)傾向にあり活動している割にはリターンが少なく下手すると婚活疲れにもつながるのであまりお勧めしません!

 ですがあまりにもお見合いの頻度が少なすぎて2~3か月に一回程度だとリズムに乗れませんので自身のモチベーションを保つのが苦痛になってしまうこともあります。

やはりおすすめは月2回です。


一番よいのは月4週のうち1、3週はお相手探し2,4週はお見合いが組めるのが理想的です。そうなればお見合い相手との今後の進展具合に応じて一つ一つ進めていくことが出来複数の相手と同時進行することはないため精神的にもゆとりを持って活動していくことが出来ます。

ただしお見合いは自分の意志だけで組める訳ではなく当然お相手の返事がなければ成立しません!またお見合いが成立しても日取りは2~3週間先になる可能性もあります。

もしお見合いの不成立が続き思うように効率よく活動が進められなくなったらやりかたを色々工夫する必要が出てきます。


例えば<お見合い相手を探すときにまとまった日数を取りその中で2~3つお見合いを既に組んでおいてから次にお見合いを連続して行うことを1つのまとまりとして考えていくやり方>です。

その場合最初のお見合いでお相手と交際まで進んだとしても予定してあるお見合いをキャンセルしたりなどは出来ません!普段通りお見合いして進展を決めるのが通例です。
2つのお見合いをへて二~三人のお相手と同時に交際する、あるいは交際した後に一人に絞る(他の方にお断りを入れる)などは相談所の成婚活動では一切失礼なことではありませんし非常によくあることです。
 ただしお相手への配慮と活動自体が自身のキャパオーバーにならないよう注意する必要があります。
bbb4b0ecde3e1f2252ae61cf358f5b53_s.jpg
注。ちなみにお見合いを複数行った後で交際するかしないか決めるということは出来ません!お見合いをしたら遅くても次の日あたりに返事をしなくてはなりません。必ずお相手一人一人とは向き合いそれぞれに対して答えを出すようになります。


お見合いの申し込み、申し受けの仕組みは以上になります。

お見合いから交際まで進んでもその段階では上記の例のようにすぐに断ったり断られたりすることはよくありますのでその時点では成婚活動が進展したと思わず、まだ申し込み、申し受けの、つまりは最初の段階にいるんだと思っていた方が賢明です。

次の段階に進むのは交際相手と一か月以上続き双方良い関係が築けそうになってからでもよいです。
くれぐれもこの段階では断られて落ち込んだり変に喜びすぎたり、一喜一憂しすぎないようにすることが大切です

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)