初めてのお見合い。②何を話したらよいかわからない方へ

 結婚相談所でのお見合いは基本1対1で行います。
 
時には担当カウンセラーや仲人が同席する場合もありますが同席させるにはお相手の承諾が必要ですし、自分側の担当だけつけてのお見合いも少しぎこちないものです。
旧来のお見合いのように第三者的な仲人がいないことがほとんどですので始めて会ったお相手と一対一で行うのがやはり基本中の基本となります。


 それまでのお見合い相手探し、申し込み、日取り、場所決めは担当者とともにやってきましたがこのお見合いだけにきて初めて<自分1人だけ>での行動をとる事になります。
同席だけでなく場所まで担当者と一緒に行ったり、担当に電話などして気持ちを落ち着けてからお見合いに向かう方もときどきいらっしゃいますがほとんどは

「O月O日O時に~~に行ってください。お相手がおりますのでそこでお茶などして小一時間くらいお話してください」

といった流れで行います。

会うまでのやり取りはすべて担当を解して行うのが通例です。遅れたりなどお相手に伝えることもすべて担当に話してからお相手側に伝えるような形になります。

 

 ここから本題に入りますがこの段階で会員様から多い質問としてあがるのが「初対面の相手と何を話したらよいのか??」 というものです。

結論から言いますと基本的には「他愛ない世間話」 がもっともおすすめです。

 お見合いが組めた段階でお相手側自分側と双方が可能性をみてお見合いをしているわけですから変にアピールしたりする必要は一切ありません!もちろんデートなどではありませんのでお相手を楽しませてあげようとか思う必要もありません。最低限の気遣いだけで十分です。
b5499c01c8ce1822d504bfb4317d8bd8_s.jpg
このお見合いでは双方が互いの印象雰囲気を知る事が一番大切です。
この段階では結婚に対する考え、<価値観、将来の事、希望>などは話さなくても別にかまわないか、話すこともないと思います。
それらは交際に進んでお相手を知る機会にすればよいことです。


ここでは趣味や最近のこと、時事ネタなんでも結構ですので将来のパートナー候補などとしてみるのではなくサークルや仕事で会ったようなただの初対面の人として話をしていく位のほうが良いかと思います。

とにかくお見合いは大切なものという意識が働きすぎてOOしなくてはならない!という観念が生まれやすく話を盛り上げようとしてしまいがちですがお見合い相手としてはOKもらっているという気持ちでゆとりを持ちつうじょう会話を楽しむくらい楽に行うことが大切です。


  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)