結婚するならお相手は基本同年代です。①あえて奇をてらう事はありません

 タイトル通りですが成婚活動のお相手は基本的に同年代の中から探してください!
これは大切なことなのでもう一度言います将来生活をともにしていくお相手は
同年代が絶対おすすめです。
いえ、私がおすすめするまでもなく大体の普通な考えを持っている大体な方は既にこう希望しているかと思います。。

 「10歳以上も「歳が上」「歳が下」でないと嫌だ!結婚する必要がない!」と言い切れる偏った主張がある方は別ですが、なんだかんだ言って一般社会でも婚活でも相談所でも
{結婚していく方、既にしている方、長く寄り添った夫婦}の年齢差は<-5>~<+5>歳のがほとんどです。

日本の平均を見ても男性側が2歳上くらいというデータもありますし私の周り夫婦の実感もそれくらいだと思いますし、今これを読んでいただいている方の実感もおそらくそう変わらないと思います。
歳の差婚なども時には聞きますがそれらを含めても10組中9組が同世代の夫婦です。


ここからが本題なのですが当然同年代での結婚が大多数なのは理由があります。
理由として思いつくのは「価値観が合いやすい」「話が合いやすい」「気を使いづらい」など同じ時代を生きてきた一緒にいての生心地のよさがあるかと思います。
しかし年の離れた相手でも本当に気が合う方がいれば上記のような事も乗り越えられるかもしれません。

ですがそれよりもっと同年代婚がマジョリティー(大多数)な大きな理由があります。

それは結婚は気持ち、感情だけでなく「人生設計」の部分が大きなウエイトを占めるためです。

結婚生活はお互いの関係だけでなく親類、子供、それぞれの友達たくさんの方に影響を与えるわけですから「人生設計」という事を念頭に置いて活動してください。
今の年収がいくら!?とかよりもはるかに大切なことです。
その場合無理がないのはやはり同年代の方と結婚されたほうが色々な意味で無理がなく自然の摂理に沿っています。
26d72990ed57dacf848cbf5bf1742eb6_s.jpg
もちろん婚活が上手くいかなかったときに人とは違う視点で活動されることは良いことだと思いますが「年齢差」だけは絶対に変えることが出来ませんので「10歳以上離れていないと駄目!」などの価値観の方でない限り、求める条件や方針を変更するのは他の項目にしてください。

結婚というのは相手に対しても責任を持つと言うことです!
今後20年後の事を想像しながら後悔のないように活動して頂きたく思います。

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)