20代は相手分析、30代は自己分析

 良い成婚活動をしていくためには

「相手の分析と自分の分析が大切」

です。両方とも同じくらい大切です。


ですが基本的に
「20代は相手分析、30代は自己分析」
に重きを置いて活動を進めていったほうがよいかもしれません。。。


正直に言いますが20代は婚活の世界では相手から求められることが多い年代です。
男女ともにですが特に女性はそうです。
その一方で人を見る目、見抜く目といった部分では人にもよりますが30代以降の方に比べればまだなれていない方も多く、多くの異性から求められるといった事を考えればなおさらのこと「相手をよく見ること」に重点を置いておきましょう。


一方30代以降の方であれば相手をよく見ることは経験もあり悪い人に引っかかったりは20代の方に比べれば少ないでしょう。
しかし少々硬い言い方になりますが結婚は男女双方の合意でなるもの。
相手を見る目が優れていてもそれはお互い様!!相手も同じです。
そのため30代以降では「相手からどう見られるか?何をしてあげれるか」に重点を置いたほうがよいでしょう。
289b70572e17dde849c1a56b2f1c513b_s.jpg

あくまで上記の事は傾向と対策程度のもので成婚活動はいくつになっても

「相手と自分にとって良い事でなければ出来もしないし、する必要もありません」

ただ相手分析より、自己分析のほうが人間疎かになりやすいということだけは頭に入れておきましょう。

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)

何はともあれお見合いを月に一回は組もう、話はそれからだ!

相談所の会員様からよくある質問として。

<成婚活動をどうやって進めればいいですか?
どんな相手にお見合いを申し込めばいいですか?
良い人とお見合いが組めません。>

色々な活動の仕方がありますが活動に独自性持たせるのも、理想の相手見つけるのも、とにかくお見合いを組まなく(組めなく)ては話になりません。。

よく理想の相手以外はお見合いもしたくないとおっしゃって何ヶ月もお見合いしない方もいますが、たとえ理想のお相手がいたとして万が一組めてもその後はどうなるかわかりませんし、理想は理想として持っていてもお見合いできるお相手を見つけ積極的に月に1~2回お見合いされたほうがそのときの結果はどうであれ最終的には成婚という形で退会される事が遥かに高いのです。

以前記事にも書きましたが理想は月に2回のお見合い

何ヶ月もお見合いが組めない状態は、そもそも何かが完全に間違っている状態です。


もし相談所の会員様で現在交際している人がいないフラットの状態であるならば
「月に二回はお見合いを組もう。一回は最低でも組もう」
とアドバイスしています。
739a80b996dec278f0fde42c64a10a6f_s.jpg言い換えるなら

*月に何十件か申し込んだら一回はお見合いを受けてくれるように
*一件は誰かからお見合いを申し込んでもらえるように

考えながら活動することが大切なんです。もちろんそのためにアドバイスします。


相談所の活動で本当に活動と言っていいのはお見合いからです!!

まずは「月に一回はお見合いを」
方針や個々人の進め方は、<数ヶ月コンスタントにお見合いが組めたり><交際相手が出来てから>考えれば全然よいことです。


  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)

結婚相手は1にも2にも自然体でいられる人と

結婚生活送っていく上で大切なこと、幸福な生活を送るためにどんな人が良いかと聞かれましたら私ならこう答えます。

「一緒にいて違和感のない人、自然な人、疲れない人」
e87527beb39299e35a735a1cf12eac60_s.jpg
一般的にどんなによい条件の人だろうと、誰もが羨む人であろうと一緒にいて疲れる、合わない人は嫌です。

多分私だけでなく誰でもそうだと思います。


結婚相談所で活動するときお相手のプロフィールに年齢や年収や職業が書かれていますので最初はそれらを目安に探される方が多いと思います。

相手の内面は会ってみないとわからないのでまずは開示されている情報を頼りに探す。
当然です。。
開示されている条件は出来るだけよい人がいい。
当然です。

ですが、よい条件とは万人からのよい条件でなく、自分と相手にとってよい条件であること。
「一緒にいて違和感のない人、自然な人、疲れない人」
を選びましょう。

年収は生き方や上昇意欲、年齢は常識の違い世代性、学歴は家族性や価値観。

様々な項目がありますが
年収は出来れば高いほうがいい、年齢は出来れば若い方がいいって考えで捜し求めた人は自分にとって「自然体でいられる相手」なんでしょうか??

どんなに立派で出来た相手でも自然体でいられない相手とはどのみち永く生活は共に出来ません。

結婚相手は「自然体でいられる人と」この意識を成婚活動中に持てれば活動の成功率は大幅に上がります。

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)

自分を省みる時に『男女平等意識を』

男女平等意識がありすぎる人は交際するにも結婚するにも苦戦するでしょう。

平等の定義はさて置き、男女関係はお互い違う部分があるために対になるわけですから性による役割が曖昧になる人は異性から求められません。

中性的な男性や男勝りのキャリアウーマンがいくら持ち上げられても現実の世界では

『男らしい男性、女らしい女性』

の方が異性から人気があり求めらます。結婚相談所でもそうです。

顔立ちが女性的でお洒落な店をたくさん知っている男性より、高収入、高身長、多少無骨でも男らしい性格の男性の方が女性から求められます。

女性も気が強くてリーダーシップがある人より、美人でなくても気が効く、優しい、女性らしい容姿の方が男性から人気があります。(収入や肩書きは相手の男性によって評価は色々です)

活動の中での『男女平等意識』がよくないのはとにかく自分に都合のよい平等意識に変わりがちだからです。。

例えるなら、

※若い家庭的な女性を求めながら男女平等に収入なども求める

※自身にはない高収入な男性を求めながら相手の若さや家事能力を求める

などどうしても都合のよい男女平等になってしまう事が多いのです(>_<)

もし成婚活動に建設的な意味で

『男女平等意識』を持ち込むなら、相手に対して押し付けるのではなく自分を振り返る時に持てば有効でしょう。

※相手女性には若さや容姿や家事能力を求めてしまったが、自分は若いのか釣り合う容姿なのか、家事は同じくらいできるのか???

※収入や学歴、家柄を男性に求めてきたが自身は、同じ様に稼げるのか、同じくらいの学歴なのか、似ている様な家族なのか??

たまに振り返ってみると随分自分を棚に上げて相手に求めるものが高かったと思うかも知れません。
f68128c8bfe82cb87f6831ec75302ad1_s.jpg


しかしそれは傲慢さではなく人なら当然であり、大切なのはそれを今後どうして行くか???

自分の活動を振り返るときに

『男女平等意識』を持つ。

会員様によく話しています。

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)

『当たって砕けろ』は相手と対面してこそ。婚活には基本必要なし

『当たって砕けろ』

男女の間柄で自分の気持ちを相手にぶつけ相手に判定を委ねる。

例え可能性が薄くともその真剣な姿勢や気持ちで相手の気持ちが動き、予想に反して良い結果が待っている事もあるでしょう。

もちろん大変な勇気と行動力が必要ですが、だからこそ相手の気持ちに訴えられるとも言えます。。

ただし恋愛の世界ならともかく結婚を前提としている活動にはあまり向かない行動の仕方でしょう。。

特に結婚相談所内での活動の中ではこの考えが有効に使える時は限られています。

まず相談所内では何のリスクも勇気も要らずに希望相手にシステムや仲人を介して簡単にアプローチできます。

当たって砕けろが通用するのは、あくまでも

『相手と対面して砕けてもよい覚悟が相手に伝わってこそ』


です。

最初は釣書ありきですから気持ちをぶつける活動をされるくらいなら、冷静な気持ちで自身と相手を考えながら活動される方が遥かによい結果が出ます。

また成婚活動において『当たって砕けろ』の考えを持たない方がよいと私が思うのは結婚は2人の共同生活の始まりなのに相手の事より自分の気持ちを優先した行動だからです。

よく、

「相手がどう思うか?結婚したら自分が何を与えられるのか?」

を深く考えずどうみても釣り合いそうも無い相手に数打てば当たるとばかりに申し込む人もいますが当然相手の気持ちは一ミリも動きません。。

以上の様にリスクを負わない『当たって砕けろ』は何も生み出しません。

結婚相談所には向かない考え方だと言えるでしょう。


ただし交際が進み成婚するためのプロポーズだけは直接本人同士で行なって頂いています。

その時だけはまさに

『ダメなら砕け散る気持ち』

でお願いしています。
a8d67fc51fd473e8d7151170f830f035_s.jpg

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)

お見合いは普通月にどれくらい申し込まれるか??

前回書いたこちらの記事で質問をいただきました。

お見合いを沢山申し込まれる人はどれくらい申し込まれるの??

質問はタイトルの通り
「普通の人は月にどれくらいお見合いを申し込まれるのか??」です。

<<*答えの前にまず私の基本的な考え方なのですが、結婚相談所の中での活動では色々な数字を見ながら活動の指針としていきますが「平均」と「普通」の言葉は使いどころを考えています。
「性別」も「年齢」も「収入」も「地域」も皆さん全然違いますので「普通」の基準があいまいです。
また前回書いた(たくさんお申し込みされる人)もいわゆる条件の良い「一般人」で貴族でも芸能人でもありません。普通の人です>>


前置きはそれくらいにして、「普通の人」を10人中5番目くらいにお見合いを申し込まれる人と言う意味で質問に答えさせて頂くなら

「普通の人は月に0~1件くらい」です。

つまり以下半分くらいの人が「月に0~1件」ということです。

少ない感じがしますが、前回の記事で書いたように


「上位3割の人がお見合い申し込みの9割がた受けている」

ので結果そうなります。

100人中上位30人が90件ほど申し込まれ、70人で10件ですから当然そうなります。

この数字見てどう思われるかは人によって異なります。

しかし私の個人的な感想を言わせて頂くなら特に気にもなりません、当たり前のことです。
小学校のクラス男女40人でも人気があるのは各2~3人だけでしたし、社会でも新卒入社で選別が行われるほど応募があるのは上位10%未満の企業だけです、他は人不足に嘆いています。初期段階ではなんでも上位に人気が集中して当たり前なのです。

また、月に何件申し込まれたかの数と実際に成婚して幸せな家庭を築くのは比例していません。自らの活動によって成婚退会された方はたくさんいます。

成否を分けたのは現状を認識する力とそれに適した活動が出来たかどうか、だけです。

どんなに申し込まれても重婚は認められていませんのでその辺もよく考えながら地に足つけて活動して頂きたいと思います。

適切な活動さえできていれば成婚退会はそれほど難しくありません。

よかったら一緒に頑張りましょう。

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)

お見合いを沢山申し込まれる人はどれくらい申し込まれるの??

結婚相談所にいる会員様。

その中でお見合いを申し込まれる数が《申受けと言います》上位10パーセント以内の人はどれくらいの異性から申し込まれるかご存知でしょうか??

月に

『150件以上』

の異性から結婚を前提としたお見合いを申し込まれています。

月に150件と言えば1日平均《5件》ほど‼️凄い数ですね。

私の経験で実際数字で確認した一番多い方ど250回前後‼️

聞いた話では400回もお見合いを申し込まれた方もいるとか‼️‼️

男女500対500だと仮定します。

1人が1ヶ月に申し込みする事が出来る回数が20回とするならば、双方10000回のお見合い申し込みが交差するわけですがその内の半分以上、5000回以上は上位10%の方々が受けています。

更にもっと言えば上位3割の方々で9000回近く受けています。。。
ebeecb3d838b4c74f248dcfe57a7356c_s.jpg


これは誰かにショックを与えるつもりで書いているわけではありません。

ただ事実を端的に書いています。

なぜなら夢のある楽しい話より、残酷でも事実を知っている方が相談所では

はるかに《成婚しやすい》からです。

つまり地に足を付けた活動をする為に必要な事は

『上位3割の人は基本狙わない、上位1割は絶対狙わない』

これくらいの心構えが必要です。

わからない人は担当に聞けば大体の目安を教えてくれます。

もし教えてくれず大丈夫大丈夫と言う人が担当者なら担当者を変えるか相談所を変えた方がいいです。

婚活は厳しいのです、大切なお見合い申し込みの半分以上を上位10%に捧げている場合ではありません。。

私のところでは無理なものは無理!申し込みするなら自身も100件近く申し込みされてから、、

とハッキリ伝えます!

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)

昔と違い今は結婚相談所に色々な人がいます。良い事もあるけど悪い事も

昔、いや昔と言っても10~15年くらい前なのですが結婚に関わる人の考えの変わり様は速いものなので敢えて昔と言わせていただきました。

それでタイトルの事なんですが、失礼を承知で言わせてもらうと昔の相談所って

《喪男と喪女》

が入るものだったように言われていたし、実際にそういう人が多かった気がします(失礼🙇‍♂️)

一言で言えば実生活ではあまり異性に縁が無かった、今まで異性との経験を避けてきた方々が多かった。

それと女性の場合〔駆け込み寺〕何て言い方もされていました。

どちらかといえば結婚できなかったイケていない人が行くところ、、でした。

59d0827a94d706c03a1ef4649c414828_s.jpg

それが今では時が進むごとに結婚相談所にはイケている人が増えました。

若い、可愛い、カッコいい、高年収などのイケてるモテそうな方々が増えました。

もちろんそれは良いことです。

誰でもお相手候補は素敵な人がたくさんいれば嬉しいし、張り合いもでます。

もちろん相談所側だって素敵な人が増えればイメージも華やかになりますし大きくうって出やすくもなります。

またシステムも進化し連盟とのやり取りも進化し、会員様は数多くの異性と簡単にアプローチする事が容易になりました。

0f2bcd1f60c0b6e60bf9ca83952912e9_s.jpg
イケている人達の活躍動機は〔結婚できなかったから来た〕ではありません。

《より良い自分に相応しい人を見つけよう》

です。

コミュニティが小さい所に属していれば条件の良い人でも釣り合いの取れる異性がいない事だってあります。

けど今の相談所では国内中の異性にアプローチして相応しい人見つけられるのですからそれはいい事です。

でも光があれば影有り、、自由に検索がかけれて世界が広がりみんなが相応しい人を見つけられるかっていうと、、、全くの逆で自由に相手にアプローチできる分みんながみんな

『高望み』

になってしまったような気がします、、

誰が悪いってわけじゃないけど

・今の相談所には素敵な人がたくさんいて

・自由にアプローチできたら

そりゃ一部の人に殺到しちゃうのは仕方がないです( ´Д`)y━・~~

昔はお見合いも仲人がお似合いの人探してきて結ばれて幸せになった人も多かったけど、、何でも華やかさと自由と世界が広がるが重なると必ず

《格差》

が広がるみたいでどうしても上のイケてる人が良い思いするみたい。。です😢

しかし、この文はそれだけが言いたいだけではありません。

辛い現状でも知っているか知らないかで成果に大きく違いがでます。

そのためこの文を書かせていただきました。

この状態で成功するには!

上手くいかない人が上手くいかないのは元から手に入らない人を追っているから→

だれもが高望みさせられるように婚活業界が出来てしまっている→

それで上手くいかない人が多い→

それなら高望みの罠にかからなければ良い→

このブログを見てくれた人は一歩二歩進んでるだけ有利→

自分を客観視し人に惑わされない→

自分だけの幸せを掴む→

53756a534c29ca31c1419b6d3bdad741_s.jpg

こんな感じで思ってくれたら最高なんですけどね。

経済と同じで場が停滞してる時ほど他人と違った視点で物事考えられる人は有利ですよ。

よかったら一緒に頑張りましょう^_^

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)