結婚相談所にはなんで男性だけ入会制限があるのか!?

結婚相談所は『未婚でこれから結婚を唯一の目的として活動出来る』人ならだれでも入れます。

指名手配中、不法滞在など例外を除き(当たり前)正式な書類をいくつか提出して身を証明出来ればあとは気持ちだけで活動していただけます。

だだ男性の場合は入会が制限されることもあります。

お仕事についてです。

・安定した職に就いていること

・低収入過ぎないこと

上記の2つを総合して判断させていただきます。

具体的に安定した職とは

被雇用者であれば正規社員(期限の定めのない雇用のされかた)、フリーランス、経営者なら近年の実績

低過ぎない収入とは

年収300万以下(場所によっては200万以下)

これらが目安となります。

『年収300万以上の正社員』

が活動資格になると考えていただいても結構です。

7124012d37c1c08ae55357d091328c42_s.jpgフリーター、契約社員、派遣社員の方は申しわけありませんが結婚相談所では活動していただけません。

非常勤講師など社会的に高い職やスポーツジムやコーチとして実績を上げている方がいる事は百も承知ですが結婚相談所としては例え年収が高くても話し合いの上でとさせていただく事が多いです。

また正規社員も含め、年収300万円(所によって200万)以下の方も基本的に入会は出来ません。

これは相談所の格がとか、その様な話では一切ありません。

男性の場合例え若くとも年収の低い方には申込みがなく又申し込んでも返事がなく、お見合いが組めないので活動が無駄になってしまいます。

若い時は誰でもお給料は低いのは当たり前ですが相談所では出世払いは難しいのが現状です。

今の世の中、結婚したい気持ちはあっても

『年収300万以下、正規社員』でない男性はたくさんいる事はわかっていますし、悪い事でもありませんし結婚できないとも思いません。事実結婚して立派に子育てしている男性もいっぱいいます。

ただ『結婚相談所では出来ない』のです。

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)