注意‼️女性は適齢期は男性の3倍のスピードで過ぎていく。

適齢期とは当然『結婚適齢期』


・多くの相手に求められる年齢◀︎量的にも質的にもよい縁に恵まれやすい


・結婚後を考えても人生設計しやすい◀︎子育ては体力勝負。お仕事の定年。親の問題など

いわば、様々な角度から見ても良い結果になりやすい結婚するに適した年齢の期間な訳ですが、今更かもしれませんが男性と女性では時期は違っていて

『男性は28~36歳、女性は25~30歳』

この辺りではないでしょうか。日本の平均初婚年齢もこの中にあります。

数字にして見ると大体同じ様な年代な気がしますが、体感的にはだいぶ違うようです。


1つにまず、期間の長さが男性は8年ほど適齢期が続くのに対し女性は5年しかありません。

次に適齢期が始まる時期です。男性が28歳なら女性は25歳。たったの3歳差の様にみえますが大学を卒業する人が多い現代、新社会人として働き始めるのが22歳な事を考えると女性は男性の半分の3年しかありません。さらにその3年は新社会人として新しい生活を送っている訳ですからあっという間に過ぎてしまう時間だとも言えます。

3つ目に交際期間があります。

結婚適齢期は成婚する適齢期であってお相手との出会いから交際期間ではありません。

交際期間だけでも平均3年と言われてますので25歳に結婚するとなれば学生のうちに、20代で結婚と考えていても新社会人のうちに相手を見つけなければいけません。

以上合わせると実体感的には女性の結婚適齢期は男性の3倍のスピードで過ぎていきます。

そんなわけで女性の20代は大変な時期となります。

人生80年と言われる時代に人生の大きな分岐点である就活と婚活を20歳でほぼ同時に数々の誘惑の中で行うのですから男の私からみてもいかに大変かと思います(ー ー;)

しかしながら男女は対となっているもので総合的にどちらかが大変というわけでは決してありません。

61d95eefc1872adcbbf6f0c148d74440_s.jpg

以前書いたこちらの様に大変な時期にちゃんと向き合った女性にはそれなりの見返りもあります。若い(年齢が)事が武器として使えるのは女性の特権です!

生き方は自由です。

婚活の仕方も自由です。

しかし女性には女性なりの強みとやり方もあります。

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)

PageTop