婚活は若い方のほうがが有利です。ただし、、、

 婚活では世間一般的に若い方のほうが有利だといわれています。特に女性は年齢がすべての様な記載もよく見つけます。(それらの記事が書かれた別の方の婚活ブログは溢れてますのでそちらを読んでください、ここでは別視点で書いてみます)

 しかし私はそれらに対しいささか強引で誤解を与えかねない表現であると思っています。
ある見方をすれば正しいかもしれませんがそれは一面でしかないそんなふうにみています。
 有利だと言われてるのはお相手から選んでもらう立場にたったときに(特に女性の場合顕著です)幅広い年齢の方から選んでもらえる、申し込みが来る。お相手の年齢層が様々なだけでなく数多くの方から選んでもらえる。
 簡単にいうと<婚活において可能性が広い>ということ。(私の知っている中では25歳くらいの女性は20~55歳の男性からアプローチされてる方もいました!!!)

 それが若い人の方が婚活が有利と一般的に言われる所以です。

 でも、だからと言ってたったそれだけのことです。別に幅広い年代、数多くの方から申し込みを受けたとしても<結婚できるのは1人に1人だけです>。
 目的がSNSやブログのフォロワーを増やしたいとかであれば若さあふれる勢いのある男性、若くきれいな女性は絶対的有利でしょう。でも<結婚できるのは1人に1人だけです>。
42e680eea86f73adf9898a9cde8854d6_s.jpg
 ここが若い方が有利の言葉に隠された落とし穴で年齢が幸福な結婚に結びつくかという視点ではさほど意味を持ちません。大事な1人のパートナーを見誤ればおしまいです。。
 婚活において初期段階の武器として若さほど強いものはありませんがそのあとについては結局はその人の人間性、相手との相性、縁次第です。
 若くして最良の相手と結婚できたのであればこれだけ20代の離婚率が高いはずありませんからね。ゆめゆめ<若いから有利をの言葉の意味をはき違えてはいけません。>
 
  私は「一人でも多くの方に結婚して幸せな家庭を築いてほしい」との思いでカウンセラーをやり相談所やっています。
 いままでの経験上、婚活は年代の方でも気を付けたり大変なことがある反面、ふさわしいやり方次第で満足な成果につながると感じています。
婚活はお見合い100人から申し込まれるより、結果的に1人の方と結ばれていただければよいのです。それを忘れないでください
 

 
 


 

 

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)

PageTop