若いうちに結婚しない方がいい。は本当か嘘か?


《若いうちに結婚しない方がいい!》

みんながみんなではありませんが当てはまる人が多い意味では本当だと思います。

が、、前提となる基準があります。

・若い基準は男性25歳以下 女性22歳以下

・定職に就いていない

・多額の借金、奨学金、人間関係、留学など独身のうちに清算しておくべきものがある

それ以外、その歳以上の方は結婚適齢期です。

寿命が延びた事や少子化の影響で20代と一括りにし29歳を若いと評する場面もありますが結婚となれば別に早い訳ではありません。

ましてや29歳で結婚ならともかく29歳で結婚を意識では少々遅いと見るべきです。

そういった意味では結婚は《若いうちにしない方がいい》は嘘となります。

騙されない様にしましょう。

正しくは、歳的には

25歳以下→若者

25歳以上→若手

と考えて

《若者でなくなったら結婚を意識すべき》

と言い換えることもできます。

将来結婚したい気持ちがあるなら男女ともに25歳になったら交際相手の有無にかかわらず意識だけはしておきましょう🙂

0c47688692ccfed0139d4a2971dc4341_s.jpg

結婚は相手、双方の家族、そして子供に大きな影響を与えるものです。

今は自分らしくという言葉が何事も一人歩きしていますが25歳30歳で結婚するより40歳で結婚した方がリスクが高くなります。

状況や事情があれば仕方がありませんが、無造作な晩婚は周りにもリスクを押し付けるという事です。

結果はどうであれ結婚を人生の中に考えているならば

『25歳過ぎたら意識はする』

肝に命じておきましょう。

そして事情はどうであれ30歳を過ぎたら積極的に活動しましょう。

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)

PageTop